年間11,800校の取引実績のあるアスフィール株式会社が運営するオンラインショップ

持ち帰った後のコサージュの保管方法について~大切な卒業式の思い出をいつまでも残すために~

子どもたちの成長の節目、入学式と卒業式。先生や保護者の方にとっても忘れられない1日です。

式典後、入学式であれば新しい教科書、卒業式であれば卒業証書や記念品と一緒に、式典に彩りを添えたコサージュもお持ち帰りになるかと思います。お子様が持ち帰ったコサージュの保管方法に悩まれたことはありませんか?本記事では、コサージュの保管方法についてご紹介致します。

■目次



ポイント①:そもそもコサージュって何でできているの?

コサージュの種類は様々です。生花・造花・プリザーブドフラワー等がありますが、こちらでは多くの学校様で使用されている造花のコサージュについてご説明します。

造花のコサージュの多くは、ポリエステルが使用されています。ポリエステルは薄くて軽い素材のため、旗やのぼり、垂れ幕などにも多く使用されています。花や葉はワイヤーで固定され、茎部分は粘着性のあるテープで巻かれているものが多いです。



ポイント②:きれいに保管するコツは?

きれいに保管をするには、まずはコサージュのお手入れする必要があります。

造花のコサージュには、リボンやパール等の装飾品や洋服に留めるためのピンが付いているため、丸洗いはできません。

おすすめのお手入れ方法は刷毛(はけ)やブラシで、ほこりを取っていただくことです。

もし、花や葉の生地部分の汚れが気になる場合は、ごく少量の中性洗剤を水やぬるま湯で薄め、それをガーゼ等のやわらかい布に湿らせて、やさしくふき取るようにして汚れを取ってください。





ポイント③:どんな収納方法が適しているの?

造花のコサージュは繊細な部品が付いていることが多いため、保管する際はプラスチックのケースに収納することをおすすめします。

ケースに入れることで花びらの型崩れを防ぐことができます。収納をする際には、花びらや葉がよれていないか確認しましょう。

身近なものだと、キッチンで使用するプラスチック容器で代用することも可能です。下記写真のようなコサージュ専用のケースなら、そのまま飾ってもきれいですね。

参考:コサージュケース



最後に

本記事では、コサージュの保管方法をお伝えしました。一度使ったコサージュでも、保管方法に気を付ければ長く楽しむことができます。入学式や卒業式の思い出と一緒に、コサージュも大切に扱いたいですね。

少しでも皆様のお役に立てたなら嬉しく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

≫サイトトップへ

≫コサージュ専門ブログ一覧へ

営業日カレンダー

営業時間:平日9:00~18:30/土曜9:00~17:00

7月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

8月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

受付:平日9:0018:30/土曜9:0017:00(年末年始除く)※日祝定休

本日  早割期間   超早期間  の日付は定休日です

税込10,000円以上のお買い求めの場合送料無料

※沖縄・離島は除きます。

  • 055-233-1141
  • お問い合わせフォーム

商品を探す
価格から探す
数量
単価

MENU

特定商法取引に基づく表記 | 個人情報に関する取扱い  |利用規約会社概要

アスフィール株式会社

〒400-0867 山梨県甲府市青沼3-17-15

©2020 ASFEEL Inc